台東区・荒川区の動物病院ならいわせ犬猫クリニック |東京都 東浅草 夜間診療 腹腔鏡手術

いわせ犬猫クリニック
夜10:30まで 年中無休 03-3871-3122
お車でのご来場もOK
  • ホーム
  • 診療内容
  • 飼主様へ
  • 病院紹介
  • 診療時間・アクセス
  • サイトマップ
  • 腹腔鏡手術
  • MENU
  • 腹腔鏡手術をしています
  • わんちゃんのアレルギーが増えています
  • Q&A お気軽にご質問ください
  • 診療内容
  • 腹腔鏡手術
  • 歯周病・歯石予防・治療
  • アレルギー・皮膚病予防・治療紹介
  • 避妊・去勢手術
  • 整形外科疾患
  • 腫瘍疾患
  • 消化器疾患
  • 手術の流れ
  • 飼主様へ
  • キャンペーン情報
  • ワクチンについて(わんちゃん)
  • ワクチンについて(ねこちゃん)
  • フィラリア症予防
  • ノミ・マダニ予防
  • マイクロバブル
  • 酸素カプセル
  • ペットホテル
  • Q&A
  • 病院紹介
  • 病院の特色
  • 病院概要
  • スタッフ紹介
  • リンク
  • 採用情報
  • アイコン診察問診表・初診受付カード
    いわせ犬猫クリニック
    〒111-0025
    東京都台東区東浅草2-28-12
    フルセハイツ1F
    TEL: 03-3871-3122


     

    腹腔鏡手術とは

     

    小さな傷で、トロッカーと呼ばれる手術器具を通してテレビ モニターに映し出された画像を見ながらお腹の中で手術を 行うことです。

     

    腹腔鏡手術の手順

     
    腹腔鏡手術の方法
     

    1開腹手術と同じように麻酔を行い、毛刈り、消毒を施します。

    2お腹の中に二酸化炭素ガスを用いて気腹(お腹を風船のように膨らませる)を行います。

    3トロカー呼ばれる筒状の器具をお腹の中に刺入します。

    4トロカーを介して、内視鏡手術専用の細長い内視鏡、鉗子などを挿入し手術を行います。

    5手術が終わったら、気腹を解除し、傷の縫合をして手術を終えます。

     
    腹腔鏡手術のデメリット、メリット
     

    ● 小さな傷で手術を行うことができる

    ・ 胃腸の回復が早い
    ・ 特に、ハイリスクな動物への負担が少ない
    ・ 入院期間を短くすることができる
    ・ 術後の呼吸器合併症が少ない

    ● お腹の中の湿潤環境を保つことができる

    ・ 術後の痛みが少なく、動物の回復が早い
    ・ 手術後の癒着が少ない

    腹腔鏡手術